医療法人社団 向仁会ロゴ

医療法人社団 向仁会ロゴ

新設のご案内

日本の高齢化が新たな局面に入ろうとしています。
総務省の人口推計によると、平成30年3月の時点で後期高齢者の人口が前期高齢者を上回るとされています。(75歳以上は1764万人、65〜74歳は1766万人/平成30年2月時点後期高齢者は平均月3万人ペースで増加)

この道南圏においても、寝たきりや認知症など身体的な衰えが強まる後期高齢者が急増する「重老齢社会」が到来します。高齢者をどう支えるのかが今後、更に深刻に問われる社会になります。

わたくしども医療法人社団 向仁会はこのような「重老齢社会」に対応すべく、今後も様々な社会貢献を推進する所存でございます。団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、認知症及び中重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを、人生の最期まで、継続出来るようにしなければなりません。①医療・看護、②介護・リハビリ、③介護保健予防、④生活支援、⑤住まいといった5つの主要なサービスを包括的に確保される体制の構築を目指す所存です。そのため、平成30年4月1日より、長期的な医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者を対象とし、「日常的な医学管理」や「看取りやターミナルケア」等の医療機能と「生活施設」としての機能とを兼ね備えた「介護医療院」が創設されました。このことを受け、国の施策に対応すべく、平成30年5月1日より「ユニット型介護医療院 喜郷」「介護医療院 喜郷Ⅱ」を開設することとなりました。

また、平成30年度の診療報酬改定において、急性期一般入院料1病棟、地域包括ケア入院料病棟、回復期リハビリ入院料病棟の在宅復帰率の評価対象施設として、「介護医療院」が追加設定されました。

このことにより、医療機関各位の各種病棟における、在宅復帰施設として、長期にわたり療養が必要である高齢者に対し、施設サービス計画に基づいた、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことにより、その者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう職員一丸となって、努力、邁進する所存でございます。

何卒、医療機関各位、関係各位におきましては、更なるご指導、ご鞭撻を賜るよう、重ねてお願い申し上げます。

医療法人社団 向仁会 理事長 阿部 智哉
ユニット型介護医療院 喜郷 介護医療院喜郷Ⅱ 院長 川上恒生

●全ての居室が個室です。
●アットホームな環境で利用者様ひとりひとりにあった介護、看護を目指します。
●医師・看護師・介護職員・リハビリスタッフなどが24時間フルサポート致します。
●退院が間近な方、自宅などでの生活がお困りの方お気軽にお問い合せ下さい。
●全介助の必要な方、認知症・糖尿病胃ろう・喀痰吸引の方のご相談も承ります。
●看取り体制をとっております。
●1ユニット利用者様10人程度全18ユニットです。
●入居は要介護1〜5までの方ができます。


喜郷のブログ更新情報

過去の記事

お知らせ

過去の記事

「喜郷」までのアクセス

函館バス「桔梗小学校前」下車徒歩1分 JR「桔梗駅」から車で5分
JR「函館駅」から車で12分

〒041-0808 北海道函館市桔梗1丁目 14-1
TEL.0138-34-7707
FAX.0138-34-7708

Googleマップで見る

TOPへ戻る
サポートライフ